代々幡斎場の一日葬!デメリットもあるので要注意!

スポンサーリンク

代々幡斎場の一日葬!

デメリットもあるので要注意!

いま、話題で急増している一日葬。

急増しているのですが、デメリットなどはないのでしょうか?

代々幡斎場の一日葬を例に、デメリットについて確認しておきましょう。

 

一日葬のデメリット

一日葬にもデメリットは、実はあります。

 

一日葬で考えていたのに、デメリットを考慮した結果、急遽、変更しなければいけない事態も十分に考えられます。

デメリットを確認しておき、もしもの時に、臨機応変に対応できるようにしておきましょう。

 

一日葬とは

一日葬とは、通常2日間で行われる葬儀を1日だけで行う葬儀です。

普通の葬儀の場合、お通夜を行い、次の日に告別式を行いますが・・・

 

一日葬の場合は、お通夜をすべて省略します。

告別式だけの一日だけの葬儀となるのです。

 

家族葬の一日葬

一日葬は、家族葬とは何が違うの?

一日葬と家族葬は、異なるわけではありません。

一日葬でもあり家族葬でもある場合があるからです。

 

家族葬は遺族や親族だけに限定した葬儀です。

一日葬は、2日間から1日間に変更した葬儀です。

 

遺族や親族だけで一日だけで葬儀をすれば、家族葬の一日葬なのです。

 

一日葬のデメリット

一日葬は、多数の方が参列する大型葬には向きません。

なぜかというと一日葬の場合は、告別式の後に火葬が控えているので、人数が多く来られたからといっても、お焼香の時間を延長することができません。

なので一日葬で、人がたくさん来ると、全員がお焼香できない可能性があるということです。

 

そして、一日葬は正式な葬儀式ではありません。

一日葬というスタイルは、現代社会のニーズに合わせて葬儀社が作り出したサービスです。

 

仏教の宗教上に、一日葬などないのです。

なので、お寺さんが一日葬という葬儀はないので2日間で行います、と言われてしまえば、一日葬はできないのです。

 

一日葬のメリットも十分

一日葬のデメリットをお伝えしましたが、一日葬には、その逆にメリットも十分あります。

2日間が1日になり束縛時間が短くなるので、会社員の方などには、会社に負担をかけずに済むので、助かると感謝されています。

 

また、2日間が1日になることにより、もちろん葬儀費用が安くなります。

現代社会のニーズである、安くて効率がよい、にちょうどマッチしているのです。

 

一日葬も葬儀社えらびが重要

デメリットの影響がないようであれば一日葬は、現代社会に適した葬儀なので、満足度も高いです。

1つ注意しておきたいのは一日葬の費用です。

 

一日葬の費用は安いとお伝えしましたが、葬儀社によって安いの値段は違います。

もともと高い葬儀社の場合は、一日葬もそれなりにするのです。

 

 

一日葬にしても費用が高かったというような事にならないように、以下の方法をぜひ、ご確認ください。

→誰でも簡単!本当に安くて優秀な葬儀社を探す方法!

 

代々幡斎場で最安値級の一日葬

代々幡斎場で最安値級の一日葬をご紹介します。

どうしても葬儀社を調べる時間がない場合もあります。

ぜひ、参考にどうぞ。

→代々幡斎場の家族葬!あまりにも安い!ビックリ!格安の葬儀社!

 

事前準備で完璧に

事前に葬儀の準備をしておけば、もしもの時も安心です。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料メール相談!

→メールで無料相談をご希望の方はコチラへ

 

スポンサーリンク