渋谷区の生活保護の葬儀!専門家が実状を暴露!

スポンサーリンク

渋谷区の生活保護!

専門家が葬儀の実状を暴露!

実は生活保護受給者というのは、ある条件を満たせば、自己負担0円で最低限の葬儀をすることが可能です。

渋谷区には、みなさん知っている代々幡斎場があります。

代々幡斎場の生活保護の葬儀を確認してみましょう。

 

生活保護受給者の場合、葬儀費用がない場合が多い

生活保護受給者の場合、通常の収入がありませんので、ギリギリの生活をしていることが多く、葬儀費用を出す余裕がない場合が多いです。

なので、生活保護受給者の場合は、葬儀費用が支給されますが・・・

以下の条件にあてはまる場合は、葬儀費用が支給されません。

●本人に貯蓄や資産があり、葬儀費用が賄える場合

●遺族や親族がおり、葬儀費用を負担できる場合

 

●本人に貯蓄や資産があり、葬儀費用が賄える場合

本人に貯蓄や資産があり、葬儀費用が賄える場合は、葬儀費用が受給できません。

葬儀費用分の貯蓄がある場合は、そのお金を利用して葬儀ができるとみなされますので、葬儀費用は支給されないのです。

 

また、物などの資産があった場合、それを売却して葬儀費用とすることになります。

 

●遺族や親族がおり、葬儀費用を負担できる場合

次に、遺族や親族がおり、葬儀費用を負担できる場合は、負担していただきます。

生活保護に関係なく、一般的に、遺族や親族が葬儀費用を負担することは多いです。

 

生活保護受給者の場合でも、遺族・親族が葬儀費用を賄える場合は、負担していただくことになります。

 

最低限の葬儀なので家族葬はできません・・・

生活保護受給者の場合、残念ながら最低限の葬儀費用しか支給されないことは、お伝えしました。

ですので、一般的な葬儀を行いたいと思ったとしても、費用がどうしてもたりませんので、火葬のみという葬儀形式になります。

 

家族葬の場合、火葬のみより当然ながら費用がかかります。

生活保護受給者に支給される金額で、家族葬をするのは現実的に厳しいのです。

 

担当する葬儀社が、赤字で家族葬を行ってくれるという事であれば別ですが・・・

親族でもないかぎり、不可能でしょう。

 

遺族として、どうしても家族葬が行いたい

生活保護受給者の遺族として、どうしても家族葬などの一般の葬儀が行いたい場合・・・

その場合は、最低限の費用が払えるとみなされますので、葬儀費用の支給はなくなります。

 

火葬のみの費用だけ支給をうけ、家族葬を行うための差額を自分たちで払うということは、認められません。

差額を払えるということは、最低限の葬儀費用なら払えるとみなされるからですね。

 

支給を受けなくても一般の葬儀が行いたいという場合は・・・

低価格の葬儀社を紹介してくれるプロの専門サイトがありますので、ご覧ください。

→誰でも簡単!本当に安くて優秀な葬儀社を探す方法!

 

代々幡斎場で最安値級の家族葬

代々幡斎場で最安値級で評価の高い葬儀社をご紹介します。

→代々幡斎場の家族葬!あまりにも安い!ビックリ!格安の葬儀社!

 

生活保護でも事前相談

生活保護の方でも、葬儀は事前相談をおすすめします。

ご希望にそった方法が、必ずありますので、お気軽に、ご相談ください。

 

フリーダイヤル 相談無料

0120-81-9494

 

→メールで無料相談をご希望の方はコチラへ

 

スポンサーリンク