葬儀の準備!自分は?

スポンサーリンク

 

葬儀の準備!自分は何をすればいい?

 

 

家族葬や一般葬など、初めてで不慣れな方がほとんどだと思います。

 

代々幡斎場における葬儀に参列する事になった場合を例に自分の準備をまとめました。

 

自分の準備

親族などに不幸があった場合、家族葬や一般葬に参列します。

 

まずは身だしなみです。

 

そして、あとは葬儀の日に代々幡斎場に持参する準備品です。

 

あとはお悔やみの言葉です。

 

身だしなみ

葬儀に参列するにあたり、まずは身だしなみを整えましょう。

 

頭髪や髭など、キレイに整えておきたいですね。

 

あとは喪服です。

 

一般的な喪服でかまいません、最低限の準備をしておきましょう。

 

葬儀に持参する準備品

日本では、仏式の葬儀が大多数です。

 

仏式の場合は、数珠とお持ちしましょう。

 

お焼香の時に必要となります。

 

また、お香典もお持ちください。

 

お悔やみの言葉など

葬儀に参列して、ご遺族にお会いした時には、しっかりとお悔やみの言葉を述べましょう。

 

これも一般的なお悔やみの言葉でかまいません。

 

「この度はご愁傷様です。」

「残念です。」

「ご冥福をお祈りします。」

 

など、しっかりとお伝えしましょう。

 

スポンサーリンク