告別式の焼香は何回?

スポンサーリンク

 

告別式の焼香は何回おこなうのでしょうか?

 

 

代々幡斎場の家族葬や一般葬を例にみていきましょう。

 

告別式の焼香回数は?

告別式の焼香回数とは。

 

焼香の回数と言った場合、2つの回数が考えられます。

 

それは、お焼香そのものを何回行うのかという回数と、1回のお焼香で何回抹香を炭にくべるか、という回数です。

 

後者の、一回のお焼香で抹香を炭にくべる回数というのは、宗派により異なります。

 

告別式の中で焼香自体は何回するの?

代々幡斎場の家族葬や一般葬の告別式は、葬儀の儀式ですので、当然、お焼香を行います。

 

お焼香の回数自体が一回の場合もありますし、一回行ったあと、あらためて2回目を行う場合もあります。

 

これはどういった違いがあるのでしょうか?

 

初七日のお焼香

告別式の時に、お焼香自体を2回行う場合があります。

 

それは、なんのためでしょうか?

 

実は2回行う場合、1回目は葬儀告別式の焼香、2回目は初七日の焼香を行っています。

 

 

告別式のお焼香 まとめ

告別式では、お焼香自体が1回だけの場合と2回の場合があります。

 

1回の場合は、葬儀告別式の一回だけ。

 

2回の場合は、葬儀告別式の1回と初七日法要の1回で合計2回になります。

 

初七日の焼香を行うかどうかは、お寺さんや、宗派によります。

 

スポンサーリンク