葬式の日数と流れはこうです!

スポンサーリンク

 

家族葬や葬儀の流れや日数はどれくらいなのでしょうか?

 

 

代々幡斎場における葬式や家族葬の日数や流れについてまとめました。

 

葬式までの日数

葬式までの日数は、家族葬であろうが一般の葬儀であろうが変わりはありません。

 

葬儀場の空き状況によるだけです。

 

ご希望の葬儀場が予約状況が3日後にあいているのであれば、葬式は3日後という日程となります。

 

冬場などで混みあっている葬儀場だと1週間待ちも普通です。

 

混んでいれば、葬式は1週間後という日程になります。

 

葬式の日数

葬式の日数は通常の葬儀であれば2日間です。

 

お通夜、告別式と2日間ですね。

 

しかし、最近では一日葬という形式の葬儀もあります。

 

その名の通り一日だけで執り行います。

 

お通夜が省略する葬儀の形式です。

 

葬式の流れ

葬式の流れは一般の葬儀でも家族葬でもほとんど同じです。

 

お通夜の時は、開式してお寺さんのお経が始まります。

お経の間に、遺族や親族、一般の参列者も焼香を行います。

全体の時間は、おおよそ45分くらいです。

 

告別式の時も流れはお通夜と変わりません。

ただ告別式が終わった後に、故人とのお別れの儀を行います。

 

お棺をあけて、花をたむけて、最後のお別れをします。

最後のお別れが済んだら喪主の挨拶を経て火葬場へ出棺します。

 

スポンサーリンク