参列はどこまで呼ぶの?

スポンサーリンク

 

家族葬の場合、参列者はどこまで声をかければよいのでしょうか?

 

 

代々幡斎場の家族葬を例にみていきましょう。

 

代々幡斎場の家族葬の例

代々幡斎場の家族葬を例にみてみましょう。

 

代々幡斎場の家族葬の参列者人数はだいたい平均で20人から30人くらいです。

 

代々幡斎場に限った事ではありませんが、ほとんどの葬儀場の場合で見受けられます。

 

親族

家族葬に参列する人は、ほとんどの場合親族だけです。

 

だいたい3親等くらいまでの親族が参列する事が多いですね。

 

3親等とは叔父や叔母、甥や姪までですね。

 

配偶者、そして配偶者の親などを含めると20から30人はすぐですよね。

 

親交の深い方

あと最近の家族葬の参列者に見られる特徴としては、親族以外の方も参列する事があります。

 

それは親族ではないのですが、本当に親交の深い方、も参列する場合があります。

 

故人との長年の友人とか、故人のお子さんの長年の友人とかですね。

 

家族葬の参列はどこまで まとめ

家族葬の参列は、3親等くらいまでの親族とかなり親交の深い友人ですね。

 

スポンサーリンク