献花はいつ行うのでしょうか?

スポンサーリンク

家族葬などの場合、献花はいつ行うのでしょうか?

 

 

こんな質問を聞くことがあります。

代々幡斎場の家族葬を例にまとめてみました。

 

献花はなし

献花は基本的にありません。

 

日本の多くの葬儀は仏式です。

 

仏式の葬儀の場合、家族葬でも普通の葬儀でも献花は行いません。

 

 

お別れ会は献花あり

よく有名人がお亡くなりになったお別れ会では献花がたむけられます。

 

それはお別れ会が仏式の葬儀ではないからです。

 

有名人の場合は、葬儀は事前に親族のみで行っている場合がほとんどです。

 

その後、誰でも参列な可能なお別れ会を開いているのです。

 

お別れ会は無宗教なので献花が可能です。

 

キリスト教は献花あり

キリスト教の葬儀の場合、献花をする場合があります。

 

必ずしもすべてではないかもしれませんが、献花を行うキリスト教の葬儀が多いようです。

 

無宗教の葬儀

仏式ではなく、なんの宗教でもない、無宗教の葬儀という形式もあります。

 

無宗教ですのでお別れ会とも近いのですが、その呼び方は自由です。

 

無宗教の葬儀は、何をしてもいいので、逆に何をすればよいのかわからない・・・

というのがデメリットでもあります。

 

無宗教の葬儀の場合は、もちろん献花するのも自由です。

 

スポンサーリンク