料金を安くするコツはこれです!

スポンサーリンク

 

家族葬の料金を安くするコツがわかっていると葬儀費用

を安くする事ができますよ。

 

 

代々幡斎場の家族葬でも、その他の葬儀場の家族葬の

葬儀料金でも同じですので参考にしてください。

 

家族葬の葬儀料金の内訳を理解する

まずは家族葬の料金の内訳を理解する必要があります。

華族葬の費用の内訳は以下です。

 

①葬儀料金(祭壇、導師用具やお焼香用具や受付用具など)

②葬儀場の料金

③火葬料や骨壺料金

④お食事代の料金

⑤お香典返しの料金

⑥お布施の料金

 

葬儀料金の内訳ごとに考える

①葬儀料金(祭壇、導師用具やお焼香用具や受付用具など)

※葬儀社に支払う費用で葬儀社によってかなり異なります

 

②葬儀場の料金

※公営や民営など葬儀場によって料金が全然違います。

 

③火葬料や骨壺料金

※公営や民営で、まったく違います。

 

④お食事代の料金

※葬儀社に依頼すると高いです。
帰りがけに食事したり、またはご自宅で食事すれば
料金を抑えられるでしょう。
家族葬では食事なしという事もあります。

 

⑤お香典返しの料金

※お香典返しの料金を最低限に抑える。
最低限の金額は地域性がありますので、地域にあわ
せて設定します。
注意しなければならない点もありますが、お香典を
辞退してお香典をもらわなければ、お香典返しは
必要なくなりますね。

 

⑥お布施の料金

※お布施の料金は、菩提寺の場合、紹介の場合など
条件により、料金は様々です。
競合がいるので紹介の方が安く抑えられます。
無宗教で家族葬を行った場合、お寺さんを呼ばなく
てもいいのでお布施は必要なくなります。

 

スポンサーリンク